昨年2月22日の定期演奏会(第1198回札幌市民劇場)におきまして、「札幌市民芸術祭奨励賞」を受賞しました。
当団としては、14年ぶり4度目の受賞となります。(奨励賞→平成 2 年、大賞→平成 6 年・ 8 年に受賞しています。)
これを励みに、更なる飛躍が出来るよう団員一同努力していきたいと思います。
(受賞理由)
 大編成でありながら柔らかく美しい音色をもったテクニック十分な団体である。特に弱音での各楽器間のバランス感覚に優れ、心地よい音楽を聞かせてくれている。今回も期待に応えて全ステージを楽しませてくれた。特に後半のコラールとミュージカルにおける最後まで集中力を持った拡幅の大きな演奏は、深いブレスに支えられた美しいハーモニーと躍動感あるリズムが魅力となって、聴衆の盛んな拍手を浴びたが、札幌の吹奏楽のレベルの高さと層の厚さを示す演奏であった。
<back>